手湿疹で水泡が!症状と原因は?対処法はどうするべき?

手荒れで水泡ができる原因

 

今まで何ともなかったのに、ある日突然手荒れが起こり、
手湿疹が治らない・・・なんて悩んでいる方いませんか?

乾燥したり、指にブツブツと水泡が出来たりこれは何なんだ・・・?
と不安になってしまいますよね。
医者に行く前に、自分で何とかしたいとも思ってしまいます。

そんな手湿疹の症状や原因、どう対処するべきなのか、ご紹介していきます!

[toc]

 

 

毎年、季節の変化と共に手が痒い時ありませんか?
私は結婚して家事をする機会が増え、
洗い物をした後にふと、手が痒くてかいている事が多くなっていました。

見るとブツブツが出来ていて、水泡みたいになっています。

手湿疹だと思うけど、
水虫?
アトピー?
など考え、一体これは何なのか心配になりました。

手湿疹で水泡が出るその正体について、他の症状と合わせて探っていきたいと思います。

 

<手湿疹の症状>

利き手から主に症状が出やすいです。

人差し指・中指・薬指などの指先に始まり、
水泡やカサカサとした皮むけ、ひび割れ、皮膚が固くなるなどの症状が出ます。

痒みがあり、掻きむしると水泡が割れて体液(リンパ液)が出てくる事があります。

 

<手湿疹の正体は・・?>

・接触性皮膚炎(かぶれ)
ハウスダストや洗剤、アルコール消毒、金属など一度反応してしまうと、その後も継続して
湿疹などが続いてしまうことがあります。
何か身の回りで変えたものを考えてみるといいです。

・汗疱
夏場に起こりやすく、汗をかきやすい時にできる。
季節性で涼しくなると治まります。

・単純ヘルペス
口唇などに出来やすいヘルペスですが、
水泡として指に出来ることがあります。

・軽度のアトピー性皮膚炎
痒みが強く、乾燥と皮剥けを繰り返すと可能性が高い。
アレルギー体質の人には起こりやすい。

 

 

 

手湿疹で水泡が出来る原因は?

 

手の表面には汗腺が多くありますが、毛穴が少ないので皮脂膜で保護されています。
これが、水仕事の洗剤やお湯・紙・衣類の化学繊維など繰り返し触れることで剥がれてしまうことがあります。
主婦や飲食業の人、アパレル業、美容師などの人がなりやすいです。

元々皮脂が出にくい状態の手なので、
一度皮脂膜が壊れると、湿疹が出来やすくトラブルになることが増えていきます。

免疫力が低下すると、代謝も落ちるので、ヘルペスの場合は起こりやすいです。

 

 

 

手湿疹で水泡が出来た時の対処法

 

皮脂膜が壊れると、とても乾燥しやすい状態です。
なので、とにかく保湿することが大切です。

ハンドクリームだけでは足りないので、クリームの上に白色ワセリンを重ねるなど一日に5〜6回は保湿するようにします。

刺激に弱く、刺激で痒みを引き起こすことも多いです。
なので、普段から綿の手袋をしておくことをおすすめします。
手を保護するだけでなく、保湿を保つことにもなります。

水仕事や料理をする時にも、ゴム手袋や使い捨て手袋をして、
手の皮脂が流れてしまうことを防ぎましょう。

痒みがなくなっても、ガサガサしている状態ではまだ手に炎症が起こっていて、
いつ悪化してもおかしくありません。
手の乾燥が治まるまでは、日常的に綿の手袋をしていた方がいいです。

 

 

手湿疹で水泡が出来る原因と対処法まとめ

 

保湿と保護を徹底するだけで、
医者に行かずとも、ある程度良くなります。
ただ、痒みがどうしても強く掻きむしってしまう場合は我慢するのは辛いと思うので、
受診したほうが良いと思いますよ。

ステロイドを使いたくない場合はこちらがおすすめ

Ad.
Twitterで最新の保育園情報を更新中
>Fun Fun Mommy .com

Fun Fun Mommy .com

30代〜40代の忙しい、仕事も子育ても忙しいママの「お役立ち情報」メディア。 日々、使える新しい情報を発信するよう心がけています。

CTR IMG