子どもの熱中症予防ポイントと対策 おすすめグッズは?

子どもの熱中症予防

 

夏のレジャーは楽しいもの。
屋外で楽しめる遊びがいっぱいです。
海水浴にキャンプ、花火大会、お祭りなど盛りだくさんですよね。
ただ、小さいお子さんを連れてのお外でのレジャーは
熱中症が心配です。
小さい子どもは大人に比べて汗腺が未熟ですし、
背が小さいので、地面の照り返しにさらされることが多いので
気を付けなくてはいけません。

今回は子どもの熱中症の予防ポイントと
熱中症対策のおすすめグッズ、
ちょっと様子が変?と思った時の
見分け方と対処法をご紹介します。

 

 

服装に注意!

身体を締め付けない涼しい服装がいいです。
つばの広い帽子をかぶせたり、
下着は速乾インナーで涼しくしておくといいと思います。

 

水分補給をこまめに!

喉が乾いていなくても定期的に水分を取らせるようにしましょう。
水か麦茶がおすすめです。

 

遊びの途中で休憩を入れて日陰などで休ませよう!

遊びに夢中になると休憩を忘れがちです。
必ず、定期的に涼しい所で休憩を取らせるようにしましょう。

 

普段の食事で体力作り!

栄養バランスの取れた食事で暑さに負けない身体を作るように
しましょう!
疲れにくい体作りには、ビタミンB1・カリウム・クエン酸を
摂るといいです。

ビタミンB1・・・豚肉、大豆、うなぎ
カリウム・・・じゃがいも、きゅうり、バナナ
クエン酸・・・梅干し、キウイ、グレープフルーツ

 

 

子どもの熱中症の対策グッズでおすすめは?

 

ひんやりスカーフ

水に浸けて首に巻くと、気化熱を利用して首周りをひんやりしてくれます。

 

 

冷却スプレー

服の上からスプレーすると、一気に冷やしてくれます。
打ち身の時に使う医療用の冷却スプレーだと
大容量でたっぷり使えます。

 

 

携帯型首掛け扇風機

首から下げられて薄くて軽いのでレジャーにも便利。
顔に当てると涼しいです。

 

 

 

塩飴

汗をかくと水分と一緒に塩分も失われがちになるので、
麦茶などと合わせて、塩飴も舐めて塩分を補うといいです。

 

 

 

子どもの熱中症の見分け方と対処法

 

見分け方は、
めまい・立ちくらみ・手足のしびれ・こむら返り・頭痛・
体がだるいなどの症状

 

こんな時は
先ず、涼しいところへ移動して横になりましょう。

脇の下・太ももの付け根・おでこを
保冷剤などで冷やします。

洋服の締め付けを緩めて、風通し良くします。

水分は少しずつでいいので、
頻繁に摂らせるようにしましょう。

 

 

 

子どもの熱中症予防ポイント・対策グッズまとめ

 

キャンプなどでは夜も熱中症に注意が必要です。
扇風機を当てたり、保冷剤を首や脇の下に当てながら
寝るといいと思います。
あとは、真夏の車内のチャイルドシートは
中々熱が逃げません。
チャイルドシート用の冷却スプレーや
保冷剤が入れられるチャイルドシートカバーなどを
利用するのもおすすめです。

身体を冷やしてくれる野菜、
トマトやきゅうり、茄子、レタス、オクラなどの
野菜を食べることも予防策にはいいと思いますよ。

Ad.