年賀状を会社の上司に送る時のマナーと文例・宛名書き

年賀状上司に送るマナー

 

会社の上司に出す年賀状。
少し気を遣いますよね。
どんな文章にしたらいいのか、失礼がないように書きたいものです。

そんな会社の上司に出す時の年賀状のマナーや具体的な文例、宛名書きのことなどご紹介します!!

[toc]

 

 

 

目上の人に宛てた時の年賀状はいくつかマナーがあるので押さえておきましょう!

 

新年の挨拶で賀詞の省略は失礼

「迎春」 「慶春」 「賀正」 「賀春」 「初春」 「寿」

などの二語や一語は使わないようにしましょう。

 

迎春万歳・・新年を迎えお喜び申し上げます。

謹賀新年・・謹んで新年のお喜びを申し上げます。

慶賀光春・・輝かしい新春のお喜びを申し上げます。

恭賀新正・・恭しく新たな正月をお祝い申し上げます。

 

 

日付の意味を間違わない

・元旦  1月1日午前中
・元日  1月1日
・正月  1月1日〜3日もしくは7日

上司に出すなら元旦に間に合うように出すようにしましょう。

 

挨拶文の賀詞以外は手書きで書く

なるべくなら印刷ではなく手書きがベストです。
新年のご挨拶と昨年のお礼文は忘れずに書きましょう。

 

年賀状でNG表現は入れない

「枯れる」 「衰える」 「破れる」 「去る」など

・「去年」ではなく「昨年」や「旧年」と書きましょう。

・新年明けましておめでとうございます
→「新年」と「明けまして」は重複しているので使わない。

 

 

 

年賀状を会社の上司に送る時の文例

 

具体的にどんな風に書いたらいいのか、文例を紹介します。

1 賀詞

謹んで新年のお慶びを申し上げます

 

2 上司やご家族の健康や繁栄を祈る言葉

皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます

 

3 昨年のお礼

昨年は一方ならぬお世話になり、厚く御礼申し上げます

 

4 今年の抱負

本年は昨年より一層の努力を惜しまず、成果を上げられるよう励む所存です。

 

5 新年のお付き合い・支援のお願い

本年も変わらぬご支援・ご指導の程、宜しくお願い申し上げます。

 

6 日付

平成〇年 元旦

 

 

 

年賀状を会社の上司に送る時の宛名書き注意点

 

宛名書きにも注意が必要です。

1 縦書きで書く

横書きはご友人向け。
ビジネスでは縦書きで書きましょう。

 

2 手書きで書くのがベスト 

上司に向けてなので、手書きで書くと心がこもります。

 

3 住所

略字や省略はせず、数字は漢数字で書きましょう。
建物名は、2行目に若干小さめに書きます。

 

4 宛名

住所より少し大きめに書きます。
会社名や役職名も入れる時は、名前より少し小さめに書きます。

 

 

 

年賀状を上司に送る時のマナーまとめ

 

ポイントは、
昨年の御礼
今年の抱負
上司の健康を気遣う言葉
今年もお付き合いのお願い
を忘れずに書くと言うことです。

直属の上司には手書きで書くと気持ちが伝わりますよ。
他の年賀状とは違いが出るはずです。

 

会社の人、どこまでの人に年賀状出す??
も良かったら参考にしてくださいね。

Ad.
Twitterで最新の保育園情報を更新中
>Fun Fun Mommy .com

Fun Fun Mommy .com

30代〜40代の忙しい、仕事も子育ても忙しいママの「お役立ち情報」メディア。 日々、使える新しい情報を発信するよう心がけています。

CTR IMG