ランドセル男の子の選び方のポイントは?人気色や頑丈な物はどれ?

男の子のランドセル選び。
ランドセルなんて何でもいい!とあっさりなのが男の子ですよね。
もしくは、キャラクターものがいい!なんて言って、一点こだわりタイプもいるかもしれません。

デザインや色にあまりこだわりがない分、女の子よりも扱いが乱暴だったりするので、意外に気を付けて選んであげないとボロボロになってしまうかも。

今回は、ランドセルで男の子の場合の選ぶポイントや色についてご紹介します。

[toc]

 

ランドセル男の子の場合の選び方

ランドセル、男の子の場合どんな点に気を付けたら良いのかご紹介します。

 

ランドセルの素材で決める

まず素材の違いでメリット・デメリットがあることを確認しましょう。

 

・牛革

頑丈に作られています。
伸びてくれるので、ヒビ割れしにくいのも利点。
その分少し重いです。
水に弱いので、濡れるとシミになることもあります。

 

・コードバン

天然皮革であるコードバン。
牛革の最高峰とも言われています。
コードバンは繊維が緻密なため、シミや汚れ・傷にも強く、長期間の使用にも耐えられます。
なので乱暴な扱いをしても大丈夫。
その代わり重いのが難点。

 

・クラリーノ

合成皮革。
軽くて水に強く、撥水効果があります。
その分、強度は他の2種類より下がります。

 

ひと昔前までは、牛革が絶対的人気がありました。
でも、ここ数年クラリーノの品質が上がっているので、水に強い分おすすめです。
雨の日は、雨カバーをしていたとしても、ランドセルはびしょびしょになりますからね。

 

 

男の子はランドセルの扱いが雑

男の子は本当にランドセルの扱い方が雑です(笑)

帰ってくると玄関にランドセルを投げつけて置いたりすることも。
ランドセルの上に寝転がって枕にしてみたり。
「おいおい、潰れてしまうよ〜」なんて、親がヒヤヒヤします。

だから、あまり親の方がこだわりを持ちすぎないほうがいいかもしれません。

工房系のランドセルよりも大手メーカーやイオンなど量販店のランドセルで選ぶのが無難だと思います。

 

 

 

ランドセル男の子に人気の色は?

男の子のランドセル最近の人気色をご紹介します。
女の子よりも細分化されていませんが、最近はランドセルが多様化しているので色々なパターンがあります。

1位  クロ×ブルー系    30%

2位  クロ         20%

3位  ブルー・マリン系   10%

4位  クロ×レッド系     7%

5位  シルバー        7%

6位  ゴールド        7%

7位  メタリックカラー    7%

クロが相変わらず主流ですが、背面がブルー、側面がシルバーなど、2色使いが人気です。
また、ふちどりのステッチをブルーにしてみたり、ゴールドにしたりするのも人気ですね。
単色のクロよりもよりオシャレな印象になります。

 

 

ランドセル男の子用で色を赤にする子も

密かに男の子の間で赤も人気です。
戦隊アニメの影響ではないかと思われます。
単色の赤いランドセルを持っている男の子も中にはいますが、やはり女の子用と間違われやすいので、背面のみ赤にするなどポイント使いがおすすめです。
お子さんがどうしても赤いランドセルがいいと言う場合は、デザインが女の子用の物しかないなどと言って、理解を得るようにしたほうが無難です。

 

 

 

ランドセル男の子用で頑丈な物はどれ?

最近のランドセルはどれも丈夫で、6年間保証が付いているので安心なのですが、中でも特に傷つきやすい部分の肩ベルトが強化してあって、軽い素材のクラリーノがおすすめです。

 

池田屋ランドセル
ツヤ消しクラリーノシンプルステッチ


シンプルなデザインで飽きがきません。
ツヤ消しカラーが落ち着いていてオシャレな印象です。

大マチが12cm小マチが4.5cm総マチが16.5cmの大容量ランドセル。
小マチがかなり広がるので、大マチに体操着や水筒まで入れられそうです。

ランドセル全体がクラリーノ肩ベルトが牛革素材になっています。
肩ベルトはボロボロになりやすいので、牛革なら伸びるのでより頑丈に使えます。
本体がクラリーノなので、軽くて水にも強い作りです。

丈夫で耐久性や強度があるので、男の子には特におすすめです。

 

 

 

ランドセル男の子の場合の選び方 まとめ

いかがでしたか?
素材によってメリット・デメリットがあることを理解するのは大事ですね。
軽いのはクラリーノですが、頑丈なのは牛革なので、両方使われている池田屋のランドセルは画期的だと思います。

色は、お子さんの希望を聴きつつ、6年間飽きずに使い続けられるか、見極めるのが大事だと思います。

合わせて読みたい!

スポーツブランドのランドセルも気になる!

Ad.