淀川花火大会お出かけおすすめまとめ

なにわ淀川花火大会は。平成元年から始まった市民による手作りの花火大会です。

ボランティアのスタッフが、協賛企業・団体からの支援で花火の打ち上げ本数を決定します。

初回は3000発からスタートしましたが、今では多い年で2万発打ち上げられるそうです。

大阪を代表する人気の花火大会となっています。

毎年8月第一土曜日、19:40〜の一時間のみですが、その間に次々と尺玉が打ち上げられ、迫力満点です。

淀川花火大会へのアクセス方法、観覧チケット、穴場スポットなどまとめました!

お出かけの参考にしてくださいね。

[toc]

 

 

なにわ淀川花火大会へのアクセス・穴場6選!屋台はどこに出る?

なにわ淀川花火大会は、大阪の出入口、梅田駅や大阪駅からのアクセスが良いので、毎年50万人以上の動員があります。

河川敷には、入りきらない位の人出があり、入場規制もあるほどです。

アクセスのいい場所なので、周辺駅は他にも沢山あるのですが、どこを利用したら良いのでしょうか?

そして、混雑がすごいので、なるべく人が少ないところで見たい場合は、穴場的なものはあるのでしょうか?

ここでは、淀川花火大会へのアクセス方法と穴場スポット、屋台の場所などをご紹介します。

<続きはこちらからご覧ください>

 

 

 

淀川花火大会が見えるレストラン・ホテル紹介!観覧席おすすめはここ!

食事をしながら花火が見たい、ホテルの客室から花火が見たい、観覧席で花火が見たい、など考えている人もいるのでは?

河川敷近くのレストランやホテルでは、淀川花火限定プランなど用意している所も数多くあります。

早目の予約が必須ですが、もしかしたらまだ間に合うかも!

ダメ元で電話してみるのもアリですよね!

観覧席は、十三会場・梅田会場でそれぞれいくつかの席があるので、おすすめ観覧席をご紹介します!

席が空いていれば、当日購入することも出来るので問い合わせてみてくださいね。

<続きはこちらからご覧ください>

 

 

 

淀川花火が見えるレストランはここ!限定プランは?梅田周辺もある?

淀川花火を鑑賞するならホテルディナーがおすすめ!

レストランだと満席だったり、去年までは見えたけど、今年は高層ビルが立ってしまい見えなくなったなどがあります。

ホテルならしっかり河川敷沿い立地だったりするので間違いなしです。

ちょっと奮発して、花火限定プランで申し込んでもいいかも!

シャンパンなどのサービスがあったり、人混み知らずで鑑賞できますよ。

合わせて、梅田駅周辺でちょっと離れた場所からの花火が見られる場所もまとめました!

<続きはこちらからご覧ください>

 

 

 

淀川花火大会十三会場・梅田会場の最寄り駅は?屋台は近くにある?

最寄りの駅が沢山ある、アクセスのいい淀川花火大会。

十三会場、梅田会場合わせて12駅ほど最寄り駅があります。

一番混雑が避けられてアクセスしやすい駅はどこなのでしょうか?

ご紹介します!

合わせて、最寄り駅からすぐ屋台がある場所はどこなのかも、まとめました!

<続きはこちらからご覧ください>

Ad.