40代ファンデーションの選び方!色はどう選ぶ?透明感のある印象にしたい!

40代のファンデーションの選び方、中々難しいですよね。カバーしたい箇所はあるけど厚塗りには見せたくない。そんな悩みの人は多いのではないでしょうか?色はどう選んだらくすまず白浮きしないのか、透明感を出すにはどうしたらいいのか、美容部員が解説します!

[toc]

40代のファンデーションの選び方

20代の頃はファンデ無しでも大丈夫だったのに・・・
年々、ファンデーション無しでは貧相な表情になってくるのが40代。
やはり身だしなみを整えるという意味でも、自分に合ったファンデーション選びをしたいものです。
ポイントをご紹介します。

UVカット効果のある物を選ぶ

ファンデーションを塗る意味の一つとして、紫外線を予防するということは大事です。
紫外線はほぼ1年中降り注いでいますので、UVカット効果のあるファンデーションを選ぶことが重要。

保湿効果の高い物を選ぶ

ファンデーションを付けて、粉っぽくなったり乾燥してしまってはとても残念な印象に。
なるべく伸びがよく、保湿効果の高いファンデーションを選ぶことは40代女性にとっては重要です。

適度にカバー力がある物を選ぶ

カバー力も重要です。
厚塗りに見えずに、隠したい部分はカバー出来るファンデーション選びをしましょう。
お店で実際に付けてもらう事が一番良いのですが、難しい場合は、手の甲部分に伸ばして確かめて見て。

40代のファンデーションでくすまない色選び

ファンデーションを付けると、何だか顔色と合っていない、時間が経つと黒ずんでしまう、透明感がなくくすんでいる、
そんな悩みもありますよね。

くすみの種類とは

黒ずんだグレーくすみ

汗や皮脂が分泌されるとファンデーションと混じって酸化し、黒くなります。
これがお顔の印象としてグレーっぽい顔色になってしまいます。
夏場によく起こりやすいくすみ。
対策としては、メイク直ししやすいパウダーファンデーションを使うこと。
色味は、ピンク系のファンデーションがおすすめ。
そして、下地にピンク系の色付きベースを使います。

肌に透明感がない黄ぐすみ

肌が黄土色にくすんでいるのは、日本人に多い肌質。
乾燥しているお肌の人が多いです。
対策としては、ファンデーションの色は肌色に合わせたオークルにします。
下地にパール入りのパープルやピンク系の色付きを使います。

顔色が悪い青ぐすみ

血行不良や睡眠不足、喫煙者の場合に多いのが顔色が青っぽく見えるくすみ。
色白の人に多いくすみです。
ファンデーション選びとしては、ワントーン明るめのベージュ系を使います。
可能であれば2色使いでフェイスラインに自分の肌色よりもワントーン暗いファンデーションを付けます。

顔に赤みがある赤ぐすみ

赤みが顔全体または頬中心にある人も多いですね。
40代頃から赤みが出てくる人もいます。
ファンデーション選びは、オークルを選びます。
下地はイエローベースを、出来ればコントロールカラーも使うと効果的です。
コントロールカラーは、ブルー・パープル・イエローなどの色みを加えると赤みの解消になります。

たるみ毛穴が気になる…30~40代向け成長因子の美容液「ドクターベッカーヒューマングロースファクター」レビュー

こんなに変わるんだ!30代40代のクマのお悩み。美容外科の目の下のクマ・たるみ取りレポ

40代のファンデーション透明感を出すには?

より若々しく綺麗に見えるには、肌に透明感があることです。
ファンデーションを付けるときに、透明感を出すにはどうしたらいいのか解説します。

肌のコンディションを整える

先ずはお肌のコンディションを整えましょう。
睡眠・食事・スキンケアが大事。
睡眠は22時〜2時は細胞の再生する時間で、ビューティータイムと言われています。
この時間帯にしっかり熟睡している事がお肌にはとても重要です。

食事は、ビタミンとミネラルが美肌には重要なので、野菜や海藻や果物などを意識して摂るようにしましょう。

スキンケアは、シンプルでいいのでしっかりと丁寧に化粧水・乳液を付ける事が大事です。
(40代からのスキンケアについてはこちらの記事をご覧ください)
これだけで、2週間あればしっかりとお肌は変わってきてくれますよ。

カバーにはコンシーラー

シミや肝班などが表面化してくるのも40代が多いです。
ファンデーションでカバーしようとすると厚塗りに見えてしまうので、上手にコンシーラーを活用しましょう。
気になる部分に、ポンポンと叩いてカバーするのがポイントです。
コンシーラーを使う分、ファンデーションは薄づきで付けると透明感のある綺麗な仕上がりになります。(おすすめのコンシーラーはこちらで紹介しています。)

リキッドファンデーションがおすすめ

透明感を出すなら、リキッドファンデーションがおすすめ。
薄く伸ばすとツヤが出ますし、保湿効果もあります。
パウダーファンデーションだとどうしても何度も付けすぎてしまうことがあるので、夏場以外はリキッドファンデーションがおすすめです。

40代のファンデーションの選び方 まとめ

くすみの種類によって、ファンデーションの色選びが変わってきます。
肌のどんな色ムラが気になるのか、お店で相談してみるのもおすすめです。
基本は、首の色に合わせて色選びをすることが自分の肌色になります。

<関連記事>

40代ファンデーション選びで毛穴カバー出来るのはリキッドとパウダーどっち?

たるみ毛穴が気になる…30~40代向け成長因子の美容液「ドクターベッカーヒューマングロースファクター」レビュー

Ad.